本物の神様の呪いの解除は時間がかかります

こんばんは、霊視鑑定士ロジエです。

呪いなんて本当はないでしょう?と思っている方は、とってもつまらないと思いますので、他所に行ってくださって構いません、これは呪いを身を以て受けて、そして霊障に悩んだこともある私が、みなさんがそのような事を訴えてこられ、どこに行ってもバカにされ、相手にされないと泣かれてしまうことを、なかなか取れないけど、確実に神様の方法なら二度と来ないから、任せてくださいね、と言うのです。

その理由というのは、時間がかからない解除はありません。なぜなら、解除されたのが悪魔の報告によって術者にわかるからで、効かないならまたかけてやろう、と、彼らは呪術が効果があるのを知っていてやっている場合がほとんどです。効果なんかないと思っていれば、中途半端な儀式で効果は本当にありません。

神様は、こう言われます。

もちろん、かけられた方は手厚く保護してなるべく早期解決をはかるのだけど、その前にかけた人も、人なのです。私たちは人を愛しています。どんな悪人でも、死ぬときは怖いのです、ですから悪魔に身を売って本当に食べられたり地獄に入れられたりしたら嫌でしょう?本当に悪魔的になってしまう前に、そういうことをするよりも、あなたの正しいと思うことをした方が幸せになる、そのあなたの正しい、というのは呪術では成し得ないことを、伝えるのです。教えていかねばならないのです。それは北風と太陽のように、叱り飛ばしたり、強引に術を消したり、喧嘩して術の掛け合いをしたりすれば、躍起になってしまいます。ですから、私たちは人は和解を、それが時間がかかるのです。

そして悪魔には「やっても無駄です」ということをわかっていただき、お戻りいただきます。

世の中には、良かれと思って、近道なら黒魔術もよかろうと思う人もいます。でも神様はこう説明されます。

逆に遠回りなのです。なぜかと言うと、悪魔の力を借りてやったことは、悪魔は回収しに来ます。そして奪って行きます。だから余計に悪くなります。叶うどころか、そう見せかけて最後には何も残らない、術者も依頼者も被害者も、ボロボロになるのです、だから私たちは、そういうことで成就する成功はあり得ない、と説明します。

 

ロジエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です