人の信頼とは

こんにちは、霊視鑑定士ロジエです。

今日は、人となりの信頼、というものについて、神様からアドバイスをいただきました。私は、たまに神様がどこにいるのかわからなくなる時があり、見捨てられたのかと嘆き怒りすら覚えるときがあります(この場合の怒り、はまやかしかかけてくる心理操作なので分断します)夫婦仲がうまくいかない、恋人との仲がうまくいかない、人間関係全般がうまくいかない…素直に生きようとしても、ぶつかってしまう…そういう方は結構いらっしゃり、ストレスを抱えて生きておられます。私のところにも、多数のそういったご依頼がございます。

「信頼は、こちらから相手に向けるものです。相手の情報で信じられない、不信がある場合、そのことを聞きづらいとは思いますが、思い切って自分は悩んでいます、あなたへのことで…と正直に真面目にお伝えする方が解決は早いのです。私たちは、信頼、というものを人に得るのが大変難しいです。いない、と思われて、あまりにも悪魔が栄養が欲しくてロジエを怒らせようと頑張るので、私はロジエが怒っている間、彼女を眠くなるように誘導して、ずっと眠らせました。ロジエに、夢で足元に花が咲いている天気のいい日の、自分の影が見えるほどの陽光を見せました。私は、つまりあなたの後ろにいますよ、というサインでした。人となり、人であっても、その心はわからないもので、ではあなたが見ているものは、一緒にいる状況、一緒につながっている状況は、すでに何かの花を見ているのを同じなのです。その情報をつないでいるのは、お相手です。

だから、あなた様は今目の前にいてもいなくても、お相手に「好きだよ」と伝えることが重要です。不安なのはあなただけではないのです。好きだよ、とちゃんと言われて、嫌な思いをする恋人はいませんね。だから、積極的に言うべきです。」

というお話でした。

日頃、照れてしまって言えない人も、「好き」とだけ何か伝えてみるのも良いかもしれないですね。

ロジエ

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です