愛について

こんにちは、霊視鑑定士ロジエです。今日は、愛について、神様からお話をいただきました。

「皆さんは、神々の世界や、スピリチュアルの世界は、綺麗でキラキラで、男女の性愛について語るのはあまりご遠慮、という感覚があると思います。一部の、セックスレスを扱う分野や、カウンセリングなど、神、という存在が関わらないところでは、皆さん、お悩みとして普通にお話しされていますが、私たち神が関わると、そういうことを言ってはいけない、と思われてしまいます。

ですが、私たちも、恋愛をします。古事記の男女の神々のお話は、猛々しいのであまり私たちらしいお話ではありません。本当は、とても純粋にお相手を好きになり、そして一緒になります。神様を好きになってしまいました、というご相談もたまにあるのですが、それは構わないのです。もちろん神は怒りません。相思相愛になるかはわかりませんが、もし、相思相愛なら、相手の神様は、あなたに「私もあなたを愛しています」と言うこともあるのです。そんなことを告白すると、受け入れられる人と、とんでもない、という人がいます。

でも、私たちも昔は人の姿を取ったこともあります。私は自然霊なので、人の霊の姿を取ることはありますが、自然に宿ったままの霊です。でも、皆さんの御霊は、ほとんどが神なので(神としての役割を持たなくても、神としての同等の力はあります、皆さん、平等です)恋愛を神様としたって、別に私たちの側からすれば、不思議なことでもありません。それを、わかって欲しくて、お話をしました。

もし、あなたが、特に思いに秘めた神様がいらっしゃるなら、ぜひ、思いを告白してあげてください。あなたの守護神となる方は、大体が、生まれる前に、恋仲だった方だからです。守護神は、複数いる場合があります。その中でも、中心になっている方が、あなたのお相手である、ということです。

でも、もし同性の方が出てこられるなら、きっと親のような感じを受けると思います。それもその通りです。お父さんのような感じだったり、お母さんのような感じだったり、それはその人の、一番大切な方が、守護神となられるため、そうなっています。そういう場合は、恋仲の人がまだいない御霊さんか、恋仲の人が一緒に地上に降りている場合があります。

私たちは、普通に恋愛をします。人の感覚と全く同じです。それをお伝えしておきます。何ら変わりなく、ただ、違うところは、嫉妬などの負の感情はない、ということだけです。」

少し照れながら、話をしてくださった神様でした。

仏門の考え方からすると、そういうことはとんでもない、と思われがちですが、御仏と、神は何が違うか、というと目指す方向が違うのだそうです。そのお話は、また御仏の方から、いただきましょう、とのことです。古来の歴史から紐解く必要があるそうです。

もし、秘めた思いでお悩みの方がおられましたら、私も神様も絶対に引いたり怒ったりしませんので、ご相談くださいね。

ロジエ

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です