誰が本当に聖なる方かわからない時

おはようございます。霊視鑑定士「ロジエ」です。

今日は、どんなお名前で、どういう方が本当に聖なる存在で、神様と言われるような方々なのか、わからない時、どうすればお聞き届けいただけるのか、神様に直にお聞きしてみました。

私の守護神様曰く

「あなたの思う、聖なる存在のお名前でいいのです。間違っていても構いません。本当のあなたの願いはちゃんと聞き届けられています。私たちは、普段からあなた方の心を読まない、と言っておりますが、それはそうです。でも、祈りや、お願いというのは聞こえるようになっています。それほど、祈念、祈願というのは力がある、ということですね。(逆もわかりますが、そういう場合は悪魔も聞いています、だから危険なのです)悪いことを祈願しなければ、神はちゃんと聞いておりますので、あなたを救うために一生懸命になって働きます。」

とのことでした。

名前、は大事なことなのですね。今日も、完全にわからないぞ、と思う時もある、と思っていたら、やはりマヤカシがどっと我こそは!と名前を乱立して現れ、めんどくさくなったので(笑)、「ああもう、聖なる善良な存在じゃなければ寄ってこないで!」と言いました。そうしたら、平気で「聖なる存在で、善良です、あなたを救います」と光を見せながら寄ってくる存在がいるんですね。直に光を見たわけではありませんが、目を閉じていても光を感じる時はあります。こういうのは信じてはいけません、だいたい、マヤカシです。

では、お名前は間違って、というのは実は鬼だったり悪魔だったりするのだけど、畏怖されて神として祀られているような存在の名前でお願いしても、大丈夫だ、ということですか。

「そうですよ、なぜなら、その方の本当の願いは、善良なる存在に助けてほしい、という願いなのがわかるからです。間違って鬼や悪魔の存在が祀られて、そこにうやうやしく手を合わせてしまっても、もちろん悪魔は聞いているので危ないのですが、私たちもちゃんと聞いております。後ろにおりますからね。だから、そういった心からの願いが、善なる願いであれば叶わない、ということはないのです。」

何が、善なる願いなのでしょうか?

「それはあなたが心からの善意での救済を望む、ということだけです」

よく理解できました。

ありがとうございました。これからも、どうか私たちや、家族、そしてご依頼者の方々をお救いくださいませ。

ロジエ

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です