新年を迎える時の幸運行動

こんにちは、霊視鑑定士「ロジエ」です。

今日は、年末から年始にかけての幸運を家に呼び込む方法をお伝えします。

神様からのご伝言です。

「まずは、玄関です。玄関を掃除して整頓し、叩きを水拭きしてくださいね。それから盛り塩をしている人は、必ず大晦日に取り替えてください。厄神などが家に入り込んでいたり、鬼がいる場合、新しく良い神様と入れ替わります。塩が新年の新しいご神気と共に鬼たちを追い出してくれます。

しめ縄は、いろいろなものがありますが、家に不幸があった場合は飾らないこと。それから、もしお金がない、という人も無理に飾る必要はありません。

その場合に、赤い紐で、吉祥結び、という飾りを作り、玄関に飾ってみてください。それだけでも構いません。日本のしめ縄やそういう文化は、中国とも一緒になっていますが、物事を結んだり叶えたり、華々しく家の興隆を願っていました。

赤い紐がなければ、白い紐でも構いませんし、黄色でも結構です。使わないで欲しいのは、黒い紐だけです。

松の形をかたどった結び方もあり、縁起が良いとしてお正月飾りとして使われます。ですがとても難しいですね。

吉祥結び、梅結び、などで検索をかけると出てきますので、ご参考までに。

小鳥の絵を飾るのもいいですよ。玄関に入ってすぐの壁や、靴箱の上などに自作の小鳥の絵や写真を飾ってみてください。鳥の鳴き声は、吉を呼ぶとされていて、魔除けになります。ぜひ、お試しくださいね。」

お正月のお祝い行動でした。今年もありがとうございました。来年もみなさん一緒に幸せを祈り、お祝いしていきましょう。よろしくお願い申し上げます。

ロジエ(ソレイユ エ ロジエ鑑定事務所)

人気ブログランキングへ

About rosier

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です