花の心

おはようございます。霊視鑑定士、ロジエです。

今日は、お花のお話をします。

私はお花は大好きで、よく切り花も買います。でも最近は、スピリチュアルな生活に入ってから、切り花でさえかわいそうに思うようになってしまいました。自然なまま、そのままで、花が咲き、タネを作り、そして散っていって、土に還り、また、生まれるあるいは天国へと旅立つ、それが自然ではないかと思ったのです。だから、ハーバリウム、というものが最近流行っていると小鳥さんに聞きましたが、植物標本、と訳してあったのを見て、私は涙してしまいました。

本当は、土に還りたいんじゃないだろうか。こんな風に、無理矢理に保存されて…

その話を、私の母にしました。母は、ガーデニングが得意で、花が好きです。花の画家でもあります。

それで、母が言うには「花は、ずっと綺麗でいたい、と思うと、お母さんは思うのよ」と。だからハーバリウムも、ドライフラワーも、いいと思うんだよ、って。

そうかもしれないな、と思ったのでした。そして、以前に買った花屋さんのとても大きなバラや、大きなガーベラさんは、鬼がいた部屋ですごく頑張ってくれました。「もう、土に還る?」と聞いても「まだ、咲いていたい」と、そう伝えてくるのです。

母も、少し霊能があります。花の気持ちがわかるのかもしれません。

だから小鳥さんとお話をして、ハーバリウムを作ることにしました。

「霊視風水ハーバリウム!いいじゃーん?お花さんの気持ちを聞いて、ここにはこういうのを置いてね、とかさ」

小鳥さんは明るい人で、風水も大好きです。私も好きですが、専門外なのでしません(笑)

ハーバリウムは、iichiの私のブランドのページか、ココナラハンドメイドで、小鳥さん名義でお出しすることになると思います。

「女性がいつまでも美しくありたいように、花も美しくありたい。私はロジエの優しさも好きだけれど、花の優しさや、健気さも好きだよ」

と、私の守護神様が褒めてくださいました。嬉しいです。

ロジエ

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です