自然霊と神様

自然霊と神様

こんばんは、霊視鑑定士ロジエです。

今日は、自然霊(精霊と私は呼んでいます)と、神様の違いをお話いただきました。

天照大御神「私は太陽神と言われていますが、精霊ではありません。精霊の話は私がしました。例えば、石に入っている心などです。それは御霊とはちょっと違います。自然の法則に従っている精霊は、物理法則と強く結びついていて、命があるのはあるのですが、絶対に痛みなどはありません。そしてとても強靱です。一方、有機生命体に入る命は、痛みがあったり、病気があったり、老化があったりと、なかなか苦労をします。私たちは、どちらかというと肉体がある方に入ります。どうしてか、というと御霊がとても巨大だからです。精霊さんたちは、小さな御霊なのです。価値は同等ですので、ご心配なく。

でも、龍は違います。龍、という存在は精霊ではありません」

ということでした。

私は、あまり龍神は信仰しておりませんが、否定もしません。

興味がないだけで…(すみません)

天照大御神「その辺りは、また今度お話ししましょうね。石ですが、霊能者に特によい石は、アメシスト、水晶、アパタイトです。」

わ、ありがとうございます!アパタイト綺麗ですね。ブルーのでしょうか?

天照大御神「色は問いませんよ。」

そうですか、今度アクセサリーを作ってみようと思います。

天照大御神「アメシストの悪夢よけのブレスレット、皆さんにお分けしましょうね」

はい、そうします。私もつけていますよ。お弟子さんにもお分けしております。

皆さんにも、おすそ分けできたらと思います。

ロジエ

人気ブログランキングへ

About rosier

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です