怖いのは神ではありません

怖いのは神ではありません

おはようございます。霊視鑑定士ロジエです。

今日は、私の経験を踏まえ、結界はあるのか、お祓いの意味は、怖い神様はいるのか、などのお話をします。

まず、怖いことを言ってくる存在は、やはりどこかおかしいです。神様ではないですね。なぜ、そんなに責められないといけないのでしょうか。知らずにやってきたこと、社会的に危ないことでも、うっかりしてやってしまったことなども、含まれますが、それに対して過剰に怒る存在には気をつけてください。

結界は、あるのか、ですが、過去の該当記事は削除しました。ちょっと問題があったからです。結界は、その方法はお伝えできません。破られると困るからです。お弟子さん限定で結界を張る方法をお伝えします。

(弟子入りに関してはメニューのところを見てください)

お祓いの意味は。神様曰く「感情を祓い、霊障を祓います。霊障の正体は、瘴気のような影響であり、恐怖感など、不安になる要素により体に影響を及ぼすものです。悪魔は感情の操作しかできません。だから精神のお薬が効果がある場合もあります。不安を止めたら霊障も止まります。ただ、完全には取れないため、また戻るので、祓い切るまでは、お薬に頼っていただく場合もあります。」とのことです。

ご参考までに。

優しい存在でも、怪しい格好で出てきて雰囲気が違うな、と思ったら、それは偽物です、同じ雰囲気で「ああ、この方だ」と思う、優しい方が本物です。

偽物に変身するのは簡単なのです。

ロジエ

メッセージ:天照大御神

人気ブログランキングへ

About rosier

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です