幸せを願うことと、霊能者の違い

幸せを願うことと、霊能者の違い

こんにちは、霊視鑑定士ロジエです。

普通に暮らしている皆さんと、霊能者になってしまった、あるいは最初から見える人の違いとは、何かというと、幸せの価値観が違ってきます。

見えてしまう人は、神様のご加護がないとやってられません。

普通の見えてない人には、そういうことは想像できないと思います。宗教を語るのはタブーとされるように、日本ではそういうお話は家族間でも煙たがられます。

でも、モーガン・フリーマンの神様探求の番組のように、海外では神様を信じることが普通です。

幸せを願う価値観は、世界によっても違いますし、社会によっても違います。

あなたの幸せは何でしょうか?

ふとしたきっかけで、宗教の世界にハマってしまって、病気扱いされたり、本当に幸せなのにいじめられたりと、いろいろあるかと思います。

悩んでしまったら、まずはご連絡ください。

私は途中から霊能に気づいたタイプで、最初からあったみたいですが気づかずに生きてきました。怖いから幽霊を見せないで!と仏様にお願いして暮らしていました、そういう子供でした(幼い頃は家が仏教なので仏門でした)

神様のこと、天使さんのこと、スピリチュアルなこと、それ以外にもいろいろな摩擦、様々な生き様に関すること…そして天国の話。お聞きしたいことを書いてメールをくださいね。

(いきなりお金を取ったりはしないのでご安心ください、霊視が関わる場合だけです)

ロジエ

愛を込めて。

About rosier

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です