神に祈るとき

神に祈るとき

おはようございます。霊視鑑定士ロジエです。

神様にお祈りするとき、皆さんは神棚や、仏壇に手を合わせると思いますが、実は霊能は、神棚を見ながらしてはいけません。まやかしがウロウロしていて、その辺りでも神様は怒りませんので、漂って余計なことを霊能者に言ってしまう場合があります。神様は、抵抗はされますが、怒って否定などされません。普通の否定もされません。なぜかというと、怒らせてしまうからです。そして人を混乱させてしまいます。だからそのことが叶わないとわかるように、インスピレーションを渡してきます。

「私たちは、叶わないこと、無理なことを人にお願いすることはないです。そしてできそうにないことを無理に頑張って行ってきなさい、ということもありません。私たちはあなた方を守護しているのですから、後ろにいるということ。なのに神社にわざわざお参りに来なさい、絶対、ということはないのです。ただ、霊能開花のご誓願にについては、一度私たちとご縁を持っていただくため、そして神社には、仏閣、教会には、必ず神がいる、ということを知っていただくために、来訪をお願いしております。なのでそれは別ケースとなります。」

そして、神様は意地悪をしない、と言いますが、連日振り回されると、意地悪をされているのを眺めているだけなのか、と思う時もありました。そのことについて、お話をしてくださいました。

「そうではなくて、彼らがつまらないことばかりしているのは、それ以上のことができないからです。その間に私たちは、人に聞こえない声で、悪魔を説得しているのです。ずっと。やかましい、と言われながら…それは効果があるからこそ、していることです。ですが人にとっては暇で暇でたまらないと思います、だから夜間にすることが多いのですが、そうなると「クソ人間め起きろ!」と起こしにくる悪魔がいます…困ったもので、そうなると人は眠りが浅くなりますので、それで睡眠のお守りを作りました。」

いつも、神様にどれがどれだかわからないから証拠を今だけでも見せてください、とお願いしますが、それはできない、と言われます。そういうことを知っている霊能者もいないはずです。

「証拠があるなら私は絶対に神を知っているとして有名になるはずです。ロジエは全員が霊能者になって、情報共有すればいいんじゃないの?と言いましたが、悪魔はそのみんながシェアした証拠のような状況を、そのまま真似できます。だから一瞬証拠を見せてもすぐに模倣され、それは証拠ではなくなります。だから見せずに、ある程度警戒していていただく方が良いのです。」

でもそれでは霊能者は不安になってしまいます。

「それを、実績でお任せいただくのが、時間がかかる所以なのです。だから、霊能を開くときは、皆さんに「師匠を得なければ自分でやらないでね」と伝えていただいております。師匠となる方は、どれほど待たなければならないか、本物に見えても偽物だよ、ということを教えていかねばなりません。そして人間全員に霊能がないのは、そうやって混乱を極めるからです。なければないで、幸せに暮らすこともできるからです。」

この世界に人が生まれる意味はなんですか?生まれる前は天界にいるとおっしゃっていましたが。

「それは、天界から派遣ではなく、天界から地球に転生するのは、人が地上に降り立った意味は、本当に地球の生物や地球を救うためです。ですがそれはロジエに滅多斬りにされました(過去ログ)私も書こうとしたのですが、そういう時に限って悪魔は絶対に邪魔します…それは今はロジエもわかってくださいますが、またブログは直します。今は霊障が減っているのでお話ししますが、人間が矢面に立っているのではなく、私たちは相当な霊障をかけられています。でも全く痛みも何もないため、縛ることもできないため、人間をターゲットにするのです。でも、人間の霊障も私たちは肩代わりするため、非常に困難な状況は呪術がかかっている状態で、それは悪魔がたくさん協力し合い、人間の命を削ってその力を使うからです。悪魔には本来、エナジーが少なく、飢えているので、そのようなきついことはあまりできないのですが、人間の力を使われると邪悪この上ない状況になります。だから凄まじい邪魔が入っていました。人間は、矢面になっているのではなく、最前線で私たちと、地球から悪魔を追い出すために活動しています。」

わけがわからない時、神様にどこでどう祈れば良いのですか?

「ただ、どこでもいいのです。神様助けて。それだけでいいのです。」

膠着した状況を打破したくなりますが、それはお弟子さんにも我慢を言わなければなりませんか?

「それはないです。お弟子さんはロジエの指導がありますから。ロジエがなんらかで、お待ちいただかないといけない状況が続くときは、何かあると思ってください。それは浪費をさせようとしてきたり、家族と引き離そうとしてきます。主には、お金を無駄遣いさせようと必死です。開放的な活動的なロジエですが、お金や資金の面で無理だという金額を言ってくるのは私ではありません。」

そうですよね、やはり。じゃあ、お弟子さんは焦れてお待ちですが、どうお声をかけてあげたらいいですか?

「感覚、を言葉で伝えることはできません。だからそれを得ていくのは、経験が必要で、この感じは…神様だ、と思えるように経験を積むこと。その間の安全サポートがロジエです。」

ありがとうございました。

ロジエ、その守護神より


霊視ランキング

About rosier

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です