邪霊と悪魔と念の違い

邪霊と悪魔と念の違い

おはようございます。霊視鑑定士ロジエ です。

久しぶりに普通の記事を書きます。いつも普通じゃない内容ですが。

まず、邪霊、というものを説明します。これは、悪魔になれなかった存在、眷属とかそういうものを言います。プチ悪魔だと思ってもらえたらと思います。

これを祓うには、神様にお願いするか、塩酒風呂に入る程度で取れる場合があります。それでも取れない邪霊は、強力な呪術と共にやってくるもので、式神などがこれに当たります。それは、術を解かないと取れません。

術を解く方法を教えますが、悪用しないでくださいね。

かけている人が分からなくても有効です。まず、神様のお供えにしたお塩を用意します。それから、普通の小豆。数粒でいいです。それをパウチの袋に入れて、持ち歩いてください。そして、塩がシケってきたら、それをトイレに流してください。豆ごと捨ててください。それで邪霊はそのまま、小豆を追ってトイレに流されていきます。簡単な邪霊程度ならこれで取れます。

悪魔、というのは神様が説得…という話は、前に私が論破したので、悪魔はもうこの手を使えません。それで神様、どうしたらいいですか、とお伺いしましたら、願望が叶わないとわかると離れる。引き剥がそうとしても、そうしようとした人を恨んで取り憑く。だからたちが悪い。そういう存在を跳ね返すアイテムを持つこと。パワーストーンの場合もあるし、お守りの場合もある。その悪魔が苦手なものを持つことが大事。絶対にその悪魔が嫌だと思うものというのはあるので、それを霊視して、持つことで除霊できます。除霊にはなりますが、悪魔は「浄霊」はできない(天国にはいかない)ので、こういう書き方になります。

最後は念、ですが、人が式神などを作るときに、術式で自分の命を削って作る生命体のような思念体です。これは術を破壊すれば消えます。術の消し方は、覚えられると困るので教えられません。術をかけるのは簡単なので、それを消せる、とわかると上位の術を使おうとします。その程度問題では、その術を掛けた人が、数百年に渡り成仏できないケースもあるそうです。ほとんどの人は成仏できますが、いつも言っておりますように、悪いことをしたら(呪いをかけたら)成仏できなくなります。

気をつけてくださいね。

ロジエ

About rosier

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です